鳥取県2月の中小企業景況

景況は依然として停滞傾向

~記録的な豪雪により、製造業、非製造業ともに大きな影響~

県内中小企業の景況は、全業種景況DI値で、前月比21.1ポイント低下、前年同月比でも18.4ポイント低下。2月は記録的な豪雪により、製造業、非製造業ともに大きな影響を受けた。製造業では、豪雪により雪かきや除雪で休業した事業所や、従業員が出社できず通常操業できない事業所があるなど生産活動に打撃を受けた。非製造業では、昨年の鳥取県中部地震の風評被害に続き、1月の大雪、2月の豪雪により特に旅館・観光業においては宿泊等のキャンセルが多発するなど売上等に大きく影響した。県内景況は依然として停滞傾向にあり、今後も厳しい経営環境が続くことが予想される。

概要は添付ファイルのとおり。

添付ファイル