鳥取県8月の中小企業景況

県内景況は一部で改善傾向

~人手不足の慢性化、自然災害や世界情勢不安などマイナス要因多い~

県内中小企業の景況は、全業種景況DI値で、前月比で同水準、前年同月比では10.5ポイント低下。製造業では、盆期間中の稼働日数減少により前月比で売上高は減少傾向となったものの、前月比では自動車関連や建設関連を中心とした金属・鉄骨加工などの業種では引き続き増加傾向にあり好調がみられる。非製造業では、帰省客や観光客により人の動きが活発となったため、観光関連を中心に改善となったが、鳥取県中部地震による影響も引き続き顕在している業種もある。県内景況は一部で引き続き改善傾向にあるものの、人手不足の慢性化、また自然災害や世界情勢不安などマイナス要因は多く、先行きは不透明。

概要は添付ファイルのとおり。

添付ファイル