鳥取県8月の中小企業景況

県内景況は低迷

~猛暑や台風など天候不順が県下中小企業にも影響~

県内中小企業の景況は、全業種景況DI値で、前月比で同水準、前年同月比では36.9ポイント低下。7月の西日本豪雨の影響が続いているなか、8月は記録的な猛暑と度重なる台風など天候不順が県下中小企業にも影響を及ぼした。製造業では、自動車関連、建築関連の金属加工等の業界は好調を維持しているものの、食料品、繊維同製品製造業で天候不順により需要停滞、また原材料高騰といった問題で複数の業界で収益悪化となった。非製造業では、前述の天候不順により観光客が減少し、商店街など小売業や旅館業などで売上高減少や収益悪化がみられた。県内景況は低迷しているなか、電気機器製造業や旅館業、運輸業等多くの業種で人手不足が深刻化している。

概要は添付ファイルのとおり。

添付ファイル