鳥取県6月の中小企業景況

県内景況は緩やかに持ち直し

~人手不足が深刻、人材確保や育成を重要視~

県内中小企業の景況は全業種景況DI値で、前月比で7.9ポイント低下、前年同月比では5.3ポイント上昇。製造業では、自動車関連を中心とした一般機械器具や建設関連による金属・鉄骨加工で引き続き好調となっているものの、業種によりバラツキがある。非製造業では、大型連休後の反動、また閑散期により売上高減少となった業種もあったが、東部地区の商店街でインバウンド効果が見られ、中部地区では鳥取県中部地震による復興イベントが活発化している。全体として、県内景況は緩やかに持ち直してはいるものの、人手不足が深刻化しており、人材確保や育成を重要視している。

概要は添付ファイルのとおり。

添付ファイル