鳥取県5月の中小企業景況

県内景況は、停滞感深まる

~景況DI値は前月比、前年同月比ともに15.8ポイント低下~

 

県内中小企業の景況は、全業種景況DI値は、前月比、前年同月比ともに15.8ポイント低下で、県内の景況は、停滞感が深まっている。製造業では、一般食料品、印刷関連などで原材料等コストが上昇し収益を圧迫しており、建築関連の鉄骨加工では、高力ボルト不足が深刻化している。また大型連休による稼働日数減少に伴い大幅な売上高減少となった。非製造業では、観光・旅館業、小売業の一部でインバウンド需要が伸びており、大型連休による売上高増加もみられたが、全体的に消費は低迷傾向。また人手不足対策が大きな課題となっている。

 

詳細は添付ファイルを参照下さい。

添付ファイル