鳥取県2月の中小企業景況

県内景況、後退傾向

新型コロナウイルス感染症の国内拡大により厳しさ増す

~景況DI値前月比55.3ポイント低下、前年同月比60.6ポイント低下~

 

県内中小企業の景況は、全業種景況DI値は、前月比で55.3ポイント低下、前年同月比でも60.6ポイント低下となり、新型コロナウイルス感染症の国内拡大により、県下中小企業にも甚大な影響を及ぼしている。製造業では、金属加工、電気機械器具製造業等で、中国からの部材調達の影響が出始めており、非製造業では、旅館、観光関連で、観光客の減少、予約キャンセルが多発し大変厳しい状況にある。県内の景況は、後退傾向にあり、新型コロナウイルス感染症の国内拡大により厳しさを増している。

 

詳細は添付ファイルを参照下さい。

添付ファイル