鳥取県9月の中小企業景況

コロナ禍に加え、原材料等値上がりで厳しさ続く

新型コロナ新規陽性者数は減少傾向、景気の持ち直しに期待

~景況DI値は、前年同月比7.9ポイント上昇のマイナス21.1~

 

県内中小企業の景況は、全業種景況DI値は、前月比7.9ポイント上昇のマイナス21.0、前年同月比7.9ポイント上昇のマイナス21.1となった。製造業の一般食料品、木材・木製品ではコロナ禍の影響に加え、原材料価格が値上がりしており、金属製品関連では、鋼材の値上がり、また半導体不足に加え、アジア圏でのコロナ感染拡大により部品供給不足が出ている。非製造業では、コロナ禍により消費マインドが低下しており回復の兆しがみえない。旅館・観光関連では、各種割引キャンペーンも停止され休業している旅館もある。県内景況は、コロナ禍に加え原材料価格等値上がりにより厳しい状況は続いている。新型コロナ新規陽性者数は減少傾向にあり、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の全面解除後の景気の持ち直しに期待する。

 

詳細は添付ファイルを参照下さい。

添付ファイル