制度の目的

県版経営革新〈スタート型〉は、中小企業者の成長段階や経営戦略に応じた総合的な支援を展開するため、中小企業者が策定する新たな取組に関する計画を鳥取県版経営革新計画〈スタート型〉として認定し、これにより中小企業者の成長と鳥取県経済の活性化を図るとともに、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第9条の規定による経営革新計画策定等の更なる発展への意欲を高めることを目的としています。

県版経営革新〈スタート型〉とは

  • 県内中小企業者が策定する新たな取組に関する1~2年の短期計画※付加価値額、経常利益、売上のいずれかが増加する計画であることが必要です。
新たな取組とは・・・ 当該企業にとって新規に行う取組をいいます。
ただし、単に新たな取組であれば良いというわけではなく、その取組が事業者にとってどういう意味を持つものか、将来の姿に対してどういう位置づけを持つものか、という点を計画に落とし込んでおく必要があります。【新たな取組の想定例(スタート型)】

  • 新商品・サービスを開発して、販路を拡大する。
  • 最新設備の導入、従業員の増員により、売上を伸ばす。
  • 生産工程・サービスの効率化を図り経営を改善する。

県版経営革新〈スタート型〉の申請対象者

【次の全てを満たす者】

  • 鳥取県内に主たる事務所を有する中小企業者であり、商工団体から継続的指導を受けていること
  • 風俗営業法第2条第1項に規定する業種に該当する事業を行う者でないこと

※平成24~26年度までに認定を受けた「鳥取県版経営革新計画」の終了事業者、及び県版経営革新〈スタート型〉の終了事業者についても、取組んだ計画と異なる計画・テーマ・内容で申請(=再チャレンジ)することは可能です。

※法承認の経営革新計画を実施中または過去に実施したことがある者であっても、異なる計画・テーマ・内容で県版経営革新〈スタート型〉に申請することは可能です。

その他

  • 申請、計画策定にあたっては、まず、本会へご相談ください。
  • 26年度までに県版経営革新計画の認定を受け、終了している企業は新たなテーマでの再チャレンジは可能です。

申請方法

県版経営革新計画の認定を受けようとする方は、以下の認定要領をご承知の上、申請してください。

県版経営革新計画<スタート型>支援策

○鳥取県版経営革新総合支援補助金<スタート型>(詳細は以下のとおり)

対 象 者 補助対象者は、県版経営革新<スタート型>の認定を受け、計画を実行する中小企業者
公募期間 第1回 平成28年4月28日(木)から5月31日(火)まで(終了)

第2回 平成28年9月  1日(木)から9月30日(金)まで(終了)

第3回 平成28年11月24日(木)から平成29年1月13日(金)まで

補助メニュー (1)商品開発等支援事業 (2)設備投資支援事業 (3)正規雇用創出奨励事業

3つのメニューを組み合わせて活用可能

補助率 (1)商品開発等支援事業:補助対象経費の1/2以内

(2)設備投資支援事業:補助対象経費の2/3以内

(3)正規雇用創出奨励事業:補助対象経費の10/10以内

補助対象経費 (1)商品開発等支援事業:マーケティング戦略費/新商品開発費/ 人材育成費/販路開拓費

(2)設備投資支援事業:設備導入費(事業規模下限 500千円)

(3)正規雇用創出奨励事業:正規雇用創出費

補助金額 500万円以内(ただし、設備投資支援事業の上限額は300万円とする。)(千円未満は切り捨てる)
補助対象期間 24ヶ月(県版経営革新<スタート型>の認定期間を超えることは不可)
利用回数  補助対象者に付き2回を限度とする。(ただし設備投資支援事業は1回のみ)
交付要領等 H28県版経営革新総合補助金〈スタート型〉交付要領

H28県版経営革新計画〈スタート〉補助金様式集

募集案内 H28県版経営革新計画〈スタート型〉のご案内
補助金の手引き H28県版経営革新総合支援補助金〈スタート型〉の手引き

○新事業展開資金(経営革新貸付)

計画実行のための融資制度が用意されています。

使 途 設備・運転資金
融資限度額 1億円
融資期間 10年(据置2年含)以内
融資利率 年1.43%
保証料率 年0.23~0.68%
その他 さらに、県経済再生成長戦略分野の計画には、支払利息の一部を助成

問い合わせ先

鳥取県中小企業団体中央会
TEL 0857-26-6671
FAX 0857-27-1922
〒680-0845  鳥取県鳥取市富安1丁目96